一覧

風変わりなアジサイのご紹介

そろそろ梅雨の時期です。梅雨といえばアジサイのイメージが強いのですが、本日は風変わりなアジサイのメモです。それが上の写真。何が風変わりかというと、このアジサイは全て同じ幹から伸びた枝に咲いています。

2年ぶりに「玉之浦」が開花

毎日コロナウイルスのニュースでもちきりの日々ですが、本日は最近メモっていた記事のアップデート版。変化をまとめてチェキです。メインディッシュは椿「玉之浦」です。

黄色い花とミツバチ

毎日暑うございます。 既に5月末には暑かったというものの、よくよく考えてみるとまだ6月で30度が当たり前の日々となりミスモヘットもキンリョウヘンも花は終わってしまい、とりたてて書くことも無い時期なんですが、ちょっと気になっていたのがタイトルの花。

ほぼ真冬でもボリジは満開

昨年末の12月22日前後のボリジです。満開でした。このまま正月を迎え、三が日も咲き誇っていました。 この日は引っ越し作業をしていたのでよく覚えているのですが、真冬の時期とはいっても暖冬で暖かい陽射しでした。お正月も好天に恵まれて狂い咲きですかね。確か東京は昨日が初雪?とラジオで聴いたような気がします。全国的に暖冬のようですね。 そういえば昨年11月、田舎道をドライブ中に桜が満開だったことを思い出しました。今シーズンは寒いとはいえど暖冬で助かります。

キンリョウヘン(金稜辺)の日本みつばち捕獲力

実家の庭先に売るほどあるキンリョウヘン。かなり減らしたそうですがそれでも大量に残っています。父親曰く「時々譲ってほしいとい言われるけどなぁ...」といっても花が咲くかどうかは時の運ですし、みつばちが来ないことだってあるので気長に楽しむスタイルならいざしらず「これで日本みつばち100%捕獲できますか?...

アルストロメリア[ユリズイセン]

山間部をドライブしていたときにチラチラ目にし、途中のスーパーでも売られていた花で、特に珍しい花ではないらしいのですが私は初めて見たので思わず写真を撮りました。日本っぽいような、日本っぽくないような印象。調べると南アメリカ原産らしく大正15年に来日した品種とのこと。

待ちに待った幻のツバキ「玉之浦」開花

綺麗な花を見たいと願い続けて丸2年。苗木を買ってから辛抱してやっとつぼみがついた玉之浦。今年は見れそうな気がしていましたが、大輪の花を見るまでは満足できません。 玉之浦は長崎の五島列島を母木とする幻のツバキ。