黄色い花とミツバチ

毎日暑うございます。

5月末には暑かったとはいうものの、よくよく考えてみるとまだ6月で30度が当たり前の日々となりミスモヘットもキンリョウヘンも花は終わってしまい、とりたてて書くことも無い時期なんですが、ちょっと気になっていたのがタイトルの花。

遠慮気味に「黄色い花とミツバチ」と書きましたが、たぶん「ビヨウヤナギと西洋ミツバチ」です。この花は6月初旬頃から咲き、わりと色んな場所で見かけます。案外と道端や側溝でも見かける珍しくない花ですが、朝のゴミ捨て時にチラリと気になって眺めていると飛んできたのは、大きさからしてたぶん西洋ミツバチ。それも3匹でした。

早朝からせっせと花粉集めの作業中

どんな花でも飛んでくる可能性がありますが、養蜂にハマると必ず検索してしまうのが「ミツバチ 好きな花」みたいな検索ワードです。みなさん色々と記録を残されていて私も参考にしました。

そんなことよりも、今年は家の周りをアシナガ蜂が飛び回っていたので気になって丁寧に見回りしたらガレージ屋根の下、鉢植えのへデラの影、鉢植えの柿の木の根元に合計4箇所、いずれも直径3cm程度の巣を作っていました。どおりでアシナガ蜂が多いはずです。本日6月20日、一斉駆除した途端に静かな庭になりました。

最近は忙しくて野遊びしていないのですが、約2ヶ月前にオープンした空き家巣箱に分蜂されたかどうかがきになるところです。

私の手のひらと同じ大きさだった見事なアサガオ

スポンサーリンク



シェアする